オメガの腕時計についての詳しい解説

オメガは数ある高級腕時計ブランドの中でも、トップクラスの知名度と高性能とを誇ります。1848年の創立以来、画期的なアイデアと高い技術力とを併せ持つブランドとして発展してきました。その信頼性は世界的に高く評価されているものであり、アポロ計画やオリンピックに代表される国家事業や国際競技会で公式に利用された実績があります。このように、オメガは単純な高級腕時計としてだけでなく、その高い精度と機能性とが多分野のプロフェッショナルから評価されているブランドです。高級腕時計の世界をリードし続け、機械式腕時計の記録を塗り替える記録を更新し、機械式時計の常識を打ち破る画期的な技術開発を続けてくのがオメガです。老舗として長い歴史を持ちながら、常に他のブランドよりも1歩先を行く先進性を持っています。

オメガの信頼性の証。宇宙飛行士と共に月へ行った腕時計

オメガの腕時計の信頼性を物語る逸話は数多くあります。中でも、1965年にNASAから公式時計として認定された事は、顕著な例の1つと言えるでしょう。NASAが初めて有人宇宙飛行に挑戦したマーキュリー計画を始め、計6回行われた月面着陸全てで宇宙飛行士が身に着けていたのはオメガのスピードマスターでした。当時、NASAは時計ブランドにクロノグラフの見積もり依頼をしました。オメガ以外にも世界的に名の知られるブランドが揃う中、NASAの装備担当官が厳しくチェックした11項目すべてを唯一クリアしたのがオメガのスピードマスターだったのです。NASAとオメガとの関わりの中でも、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功した事は象徴的な出来事と言えます。3名の宇宙飛行士が身に着けていたのがスピードマスターであった事から、それ以来スピードマスターはムーンウォッチという愛称で呼ばれるようになったのです。

オメガは先進技術を開発し続けるメーカー

オメガはプロの世界で強い支持を受け続けるブランドです。NASAの公式時計になるだけでなく、オリンピックの公式時計にもなり、更には限界に挑戦するアスリート達や極限状態を戦う軍隊からも選ばれ続けているブランドとなっています。こうした信頼性を支えるのは、オメガが今もなお開発し続ける先進技術の数々です。19世紀前半の時点で既に他のブランドの追随を許さない精度を誇り、国際的に権威のあるスイス天文台のクロノメーター・コンクールで多くの記録を打ち破った歴史があります。限界を突破する技術的挑戦は今もなお行われ続けており、近年では10年もの間オーバーホールをしなくても高い精度が保たれ続けるコーアクシャルを開発して、高級腕時計の世界にインパクトを与えました。機械式時計は3年程度に1度オーバーホールするのが、今でも機械式時計愛好家の常識です。オメガの技術力がいかに他のブランドを圧倒しているかわかる逸話でしょう。